専門家の方へ

ご希望の方法にて検索しご利用ください

使い方
ご挨拶
学者・殺虫剤メーカー・駆除会社・標本商…昆虫プロの市場は狭い。一方、特に生態系の調査は研究テーマとしては地味で高い評価につながりにくい上に、他方で力仕事である。日本の昆虫生息実態の調査はアマチュアが支えてきたのがこれまででありこれからもそうだろう。 最近の子供は「虫屋」の後継者とならないことが多い。また、配偶者は標本維持のノウハウを持たないのが通例であり、ダンナの心を独占した昆虫に対して敵対的気持ちを持つことのほうが多い。一方、博物館に寄贈しようとしても、収容能力は飽和状態に近い。かくして、自分の生存中は問題ないのだが、死後、粉と化す事例が増えてきた。虫屋の高齢化が進んでおり、標本消滅リスクが高まっている。このプロジェクトは、自分の死後も標本にされた虫たちが「犬死」にならないようにしようという気持ちから出たものである。ネットに公開すれば、現物がなくなっても少なくともデータは世に残るからである。 このデータは、皆様の昆虫調査研究活動の参考として自由に活用いただきたいし、昆虫の生態状況は様々な自然ファクターの因果と言えるので様々な分野の研究の関連データとなれば幸いである。 また、このようなデータベースはデータの厚みが大切である。類似の試みを既にされている方、これからされようとしている方を問わない。サイトのリンクやデータの相互乗り入れ、大歓迎である。お申しいただければ幸いである。 また、科によっては同定に全く自信がない。特に、図鑑が充実していない科についてそうである。ご指導をお待ちしたい。
科から検索
ナガヒラタムシ科
カワラゴミムシ科
ハンミョウ科
オサムシ科
クビボソゴミムシ科
ゲンゴロウ科
ミズスマシ科
ガムシ科
エンマムシ科
シデムシ科
ハネカクシ科
デオキノコムシ科
マルハナノミ科
クシヒゲムシ科
クワガタムシ科
コブスジコガネ科
ムネアカセンチコガネ科
センチコガネ科
アツバコガネ科
アカマダラセンチコガネ科
コガネムシ科
マルトゲムシ科
ナガハナノミ科
ダエンマルトゲムシ科
ヒラタドロムシ科
タマムシ科
ナガハナノミダマシ科
ホソクシヒゲムシ科
コメツキムシ科
コメツキダマシ科
ベニボタル科
ホタル科
ジョウカイボン科
カツオブシムシ科
ナガシンクイムシ科
シバンムシ科
コクヌスト科
カッコウムシ科
ジョウカイモドキ科
ケシキスイムシ科
ヒラタムシ科
オオキスイムシ科
キスイモドキ科
コメツキモドキ科
オオキノコムシ科
テントウムシダマシ科
テントウムシ科
コキノコムシ科
キノコムシダマシ科
ナガクチキムシ科
ハナノミ科
オオハナノミ科
クビナガムシ科
カミキリモドキ科
アカハネムシ科
アリモドキ科
ツチハンミョウ科
クチキムシダマシ科
ハムシダマシ科
クチキムシ科
ゴミムシダマシ科
ホソカミキリムシ科
カミキリムシ科
ハムシ科
マメゾウムシ科
ヒゲナガゾウムシ科
オトシブミ科
ミツギリゾウムシ科
ホソクチゾウムシ科
ゾウムシ科
オサゾウムシ科
ナガキクイムシ科
キクイムシ科
採集地域・年月日から検索
和名・学名等のキーワードを入力
採集年
採集月
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
採集地域   全てのチェックを外す
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県